Apple社のキーボードがやっぱり使いやすい件について

こんにちは。狐のPCです。(@kitunepc

WindowsのデスクトップパソコンとMacBookAirを使っていると、やはりMacBookAirのキーボードが気持ちいぐらいに使いやすく感じるんです。

簡単に言うと、MacBookAirのキーボードは「堀が浅い」「堀が浅いのにちゃんとした打鍵感」があると思うんですよ。

堀が浅い=タイピングの速さに直結
打鍵感=打った感覚があり、結果として早くなる(気にならなくなるので)

さらに、適度な間隔があるので「打ち間違い」が本当に少ないです。

「とはいっても、そこまで違くないだろ?」と思う方もいるかもしれませんが、使うとわかります。(少なくても僕は…)

まぁ、とはいっても、WindowsとMacではキーボードの規格が違うので、タイピング以外にも要素は様々なんですが・・・

家ではWindowsのパソコンを使用しているので、Macのキーボードは使用していないのですが、やはり使いたくて、調べたら・・・
Windowsのパソコンでも接続して使用はできるみたいです。
しかし、以下の注意点があります。

  • Bluetooth接続
  • キーの配置が違う

この2点を気を付ける必要があります。

まず、Bluetooth接続は、パソコン本体にBluetooth機能があるかを知っておく必要があります。

もしBluetooth機能がなければ、USBで接続できるBluetoothも売っていますので、そちらを買う必要がります。

次に、キーの配置ですが、ローマ字部分はさほど変わらないと思います。
問題は、「Windowsキー」や「Altキー」ですね。

Macで使われるJIS規格のキーボードには、上で触れたキーが存在しません。
代わりに「commandキー」などが存在します。

僕の様に、単に文字を打つだけでは気にすることはありませんが、全ての機能を快適に使うには、キーの配置を設定するアプリがありますので、そちらをダウンロードし使用する必要があります。

今後、「キーボード」についても触れていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

ちなみに、Macで使われるキーボードの商品名は、「Magickeyboard」と言います。

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
>狐のPC

狐のPC

 10年以上、パソコンに触れてきた経験を活かし、社会に貢献したく始めたブログです。  是非、またのお越しをお待ちしております!

PAGE TOP