DXとは?【ビジネスの新常識”DX”を解説!】

 コンにちは、狐のPCです!(@kitunepc)訪問ありがとうございます!

 今回は、テレビCMや広告でも何かと話題な、“DX“について触れてみたいと思います。
 DXの正式名称は“デジタルトランスフォーメーション“と言います。
 「デジタル」とついていますが、「デジタルを活用する」という意味合いとは、若干異なります。その点も、触れていけたらと思います!

 この記事は、
「”DX”と聞いたことあるけどよく知らない」
「これからDXを導入してみよう」
という方向けに描いた記事です!

DXとは?

 DXとは一言で言ってしまうと「デジタル技術を活用することで、顧客のニーズを満たすこと」です。
 そこで、必要な概念が デジタル×ビジネスです。
 そして、DX人材とは、「デジタル技術が活用でき、ビジネススキルを持ち合わせた人」のことです。

•デジタル時代において競争力ある
企業になることを目指す。
• デジタル技術などのイノベーションを
柔軟に取り込み、顧客や社会の
ニーズに迅速に対応できる企業に
なるよう変革していく。
ー経済産業省HPより引用ー
経済産業省

 このように、国でも、DXを推進しています。
 しかも、このコロナ禍だからこそ、DXが急務なのです!



DXの導入・活用

 DXを会社内で導入するのは、意外と難しいものです。ましては、長年アナログでやってきた会社ならなおさらです。
 ですので、確実なステップを踏んでいく必要があります!

考えの浸透

 まずは、とにかく考えの浸透だ

 上図はアバウトな1例ですが、こういった事を上司や会社全体に浸透させることが、第一歩です。

計画を立てよう

 まずは以下のようなことについて考えよう。

  • 効率化できる所はある?
  • データ管理がバラバラになってない?
  • それってAIを導入したら解決できない?

 これらを踏まえて、計画を立てていきます!

小さいことから始めよう

 DXに限らずですが、周囲の合意を得るために、小さな成功体験を積み重ねていく方法があります。
 小さな成功体験は、 周囲のモチベーションも上がり、経験値も稼ぐことができます

 業務の効率化を図るためにも、外部への委託も考慮しますが、少なくても、DXの知識はあった方がいいと感じます。

  

まとめ この記事でわかること

この記事で伝えたいこと
  • “DX”とは「デジタル技術を活用することで、顧客のニーズを満たすこと」
  • DXを会社に導入するには、小さいことから始めよう
  • DXと言っても、会社それぞれで使う技術が違う。あくまで顧客のニーズを満たすことが最優先

 最近になって”DX”という言葉が浸透してきました。今の時代ならではですね。
 しかし、日本においては、まだまだDX発展途上だと感じています。
 僕も含めて、皆様と一緒にDXを考え、発展出来たらと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
>狐のPC

狐のPC

 10年以上、パソコンに触れてきた経験を活かし、社会に貢献したく始めたブログです。  是非、またのお越しをお待ちしております!

PAGE TOP