【2022】キャッシュレス決済ってどうなの?現金じゃダメ?【キャッシュレス決済のメリット・デメリットを解説!】

コンにちは!狐のPCです!(@kitunepc

さて今回のテーマは「キャッシュレス決済ってどうなの?」です。

海外では当たり前キャッシュレス決済
日本でも間違いなく、これまで以上に普及していくでしょう。

しかし、現状の日本はインフラ整備が追いつかず、現金のみの取引も少なくありません
となると、結局キャッシュレスに移行した方がいいの?現金だけでいいの?
と迷うところだと思います。

「キャッシュレス+少量の現金でOK」と言うのが僕の結論です。

「え?それだけ?そんなの合わせた方がいいに決まってっじゃん」と思ったあなた!
これからその理由と活用方法をご説明させて頂きます!

この記事はこんな人におすすめ

  • キャッシュレス決済を使うか迷っている人
  • お得に買い物をしたい人
  • ATMでお金を下ろすことが面倒くさいと思っている人
用語について

本記事での 電子マネーとは、電子データによって支払いする決済方法(カード型及びスマホ含む)を指します。 スマホ決済とは、主にQRコードなど、スマホの機能で支払いをする決済方法を指します。

キャッシュレスの種類

キャッシュレスには大きく分けて3種類存在します。

1 クレジットカード
2 電子マネー
3 スマホ決済(QRコード決済)
です。

このうち僕がお薦めしているのは、電子マネースマホ決済です。
理由は後述します。

キャッシュレスが便利な理由

  1. ATMでお金を下ろす必要がない
  2. 荷物が少なくて済む
  3. ポイントが貯まる
  4. 時代に合わせた生活を送っている気がする

1 ATMでお金を下ろす必要がない
キャッシュレスであれば、現金を持たなくてもいいので、下ろす必要がなくなります。
コンビニや休日だと下ろす際に手数料が発生します。
なので現金のみだと、いざと言うときに困る場合があります。
それをキャッシュレスは解決してくれると言うわけです。

2 荷物が少なくて済む
クレジットカードであればカードのみ。
電子マネーやスマホ決済であれば、カードorスマホのみ。です。

3 ポイントが貯まる
現金だと一切ポイントが貯まりませんが、キャッシュレスだと何かしらのポイントが貯まることが多いです。
そのポイントだけで、ご飯を食べれたりできます。

4 時代に合わせた生活を送っている気がする
特に電子マネーやスマホ決済は現代ならではの、決済方法です。
時代に取り残されずに、最先端を行っている気がします!

電子マネーとは

電子マネーとは、Suicaやスマホなど「機械にかざして支払うことができる」ものを一般的に言います。
また、Suicaなどは「交通系IC」などと言ったりもします。
※ICとは電子マネーのことです。

大きく分けて3つあります。

①交通系IC

  • Suica(スイカ)
  • PASMO(パスモ)
  • TOICA(トイカ)
  • manaca(マナカ)
  • はやかけん

などがあります。
「交通系」というからには、元々電車賃バス代などを支払う用途で生まれました。
しかし、サイゼリアなどの飲食店自動販売機などで、使用できたりします。

なお、種類によって使える地域とそうでない地域があるみたいです。
基本的に残高をチャージして使います。
ポイントが付かない事が多いです。

②流通系電子マネー

  • nanaco(ナナコ)
  • WAON(ワオン) など

nanacoはセブンイレブン。
WAONははイオン系列で主に利用できます。

企業独自が発行しており、自社での利用に強いという点が特徴です。
ポイントが貯まるものが多いです。

③スマホで使う電子マネー

  • ID
  • Quickpay など

お使いのスマホによって使い方は異なりますが、例えばiPhoneですと「Applepay」に「ID」を登録して使用する事ができます。

クレジットカードなどをスマホに登録して、電子マネーとして使えるようにするイメージです。

スマホ決済(QRコード決済)とは

スマホ決済とは「QRコードを読み込んだり、提示して決済する」ものの総称です。

例えば

  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • メルペイ
  • LINE Pay

などがあります。

チャージして使う残高タイプや、クレジットカードなどを登録して使用するものもあります。

各キャッシュレスのデメリット

便利なキャッシュレスですが、デメリットも結構あります。
デメリットを把握したうえで、ご使用をおすすめ致します!

クレジットカード

デメリットとしては

  • 盗まれたら簡単に不正利用される
  • 契約してから使用するので、最初は時間がかかる
  • リボ払いや分割払いができるので、使いすぎてしまう

などがあります。
一番深刻なデメリットが「盗まれたら簡単に不正利用される」です。
カード番号と裏のコードさえあれば、ネットで買い物ができるので、簡単に不正利用されてしまいます。

また、リボ払いや分割払いでほとんど買えてしまうので無敵感がありますが、使い過ぎには注意が必要です。

電子マネー

デメリットとしては

  • スマホのロック解除やパスコードなど、支払う時に手間がかかる
  • スマホの充電がなかったり、故障したら使えなくなる
  • カード型の場合は、盗まれたら簡単に不正利用される

Suicaなどのカード型電子マネーはかざしただけで利用できることから、盗まれたら簡単に利用できてしまいます。

一方、スマホで利用する電子マネーは支払う際にひと手間必要な上、精密機械の為故障したりするリスクもあります。

スマホ決済(QRコード決済)

デメリットとしては

  • スマホのロック解除やQRコード表示など、ひと手間掛かる
  • 電子機器の為、通信障害や故障したら使えなくなる
  • お店によって若干、支払い方法に違いがある
  • 不正利用の危険性がある

電子マネーと同様に、電子機器を用いることから、通信障害や故障の影響を受けてしまいます。

お店によって「QRコードを表示して店員がバーコードを読み取る」や「QRコードをカメラで読み込む」、「QRコード画面を特殊な機械にかざす」などの支払い方法が異なります。
その為、慣れていない方は戸惑うかもしれません。

スマホ決済の多くは、アカウントによって紐づけられています。ある程度の恩恵はあるかもしれませんが、逆に言うと「アカウントの乗っ取り」も誘発することになります。

パスワードなどは使い回さないようにしましょう!

結局どの支払い方法がおすすめ?

電子マネー+スマホ決済+現金が最強!
冒頭でも説明した通り、キャッシュレス+現金というわけですね。

さて、どういう事かというと・・・

  • 現金のみだと、「買いたい時に買えない」という事が起こるかもしれない
  • 電子マネーかスマホ決済単体だと、使えないお店がある
  • 電子マネーとスマホ決済をうまく利用すれば、還元されてお金が返ってくる。割引もある。

ここであえてクレジットカードを入れなかったのは、「際限なく利用できてしまう恐れがあるから」です。
というのも私自身過去に、リボ払い地獄にはまったことがありまして・・・。だからこそ嘘でもお勧めできない・・・。

付け加えて言うと、電子マネーはスマホと連携して、スマホで利用できるようにしておくとスマホ1台で済みます。

まとめ

今回は「キャッシュレス決済ってどうなの?」という視点で執筆させて頂きました。

スマホ決済普及率は「中国86%」「韓国62%」「日本54%」
参考:日経XTECHACTIVE様の記事
というように、海外では普及していますが、日本では半分ちょいしか普及しておりません。

グローバル化が進む日本では、これからもっと普及していくことになるでしょう。
今のうち、導入して慣れておくといいかもしれませんね。

この記事が、少しでも皆様のお役に立てたら、幸いです。
最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。
これからも、有益な記事を執筆できるよう心がけていきます!

おまけ Q&Aコーナー

スマホ決済とかを使用している人って、どんな人?
・できる限りお得に買い物がしたい
・流行に乗りたい、「自分は最先端だぞ」と思われたい
・財布や小銭を持ち歩きたくない
・お金を下ろしに行くのが面倒くさい
という人が多いのではないでしょうか。
スマホ決済はどうやったら始められる?
「スマホ決済 おすすめ」などとネットで検索し、出てきたものをインストールする。あとは、そのサービス案内の指示に従えば簡単に始められます!
個人情報は漏洩するの?
アカウント情報が流出したり、サーバーがハッキングされたりされれば漏洩の危険はあります。
我々ができる事は、「特定されにくいパスワードにし、知られない事」「2段階認証を設定する事」があげられます。
スマホ決済にクレジットカードは必須?
必須ではありません。チャージする残高タイプもあります。ATMから簡単にチャージして使うことができます。
また、銀行口座と連携することで、口座から直接チャージすることも可能です。
ちなみに、クレジットカードも使えはします。

Follow me!

キャッシュレス決済ってどうなの?
最新情報をチェックしよう!
>狐のPC

狐のPC

 10年以上、パソコンに触れてきた経験を活かし、社会に貢献したく始めたブログです。  是非、またのお越しをお待ちしております!

PAGE TOP